【ブルガリアの聖人】自分よりも孤児たちの幸せにお金を使った!100歳のホームレス

自分よりも孤児たちの幸せにお金を使った!
100歳のホームレスに感動!

自分よりも孤児たちの幸せにお金を使った!100歳のホームレスに感動

今年100歳になるという、ドブリ・ドブレフおじいさん!

ドブリ・ドブレフおじいさん

ブルガリアに住むドブリ・ドブレフ(Dobri Dobrev)さんは、
同国の国民から聖人と呼ばれている。

知る人は・・・
「ブルガリアの聖人」
と呼んでいるようです。

自分よりも孤児たちの幸せにお金を使った!100歳のホームレスに感動

ドブリ・ドブレフおじいさんは
第二次大戦中にほとんどの聴覚を失い、
今は家を持たず1ヶ月に80ユーロ(約11,000円)の年金で生活している。
そんな彼の日課は、
自ら作った服と革靴を履いて首都ソフィアへの25キロの道を、毎日歩いて行くこと。

ドブリ・ドブレフおじいさん

ソフィアに着くと、通行人にお金を恵んでもらう。

だが、恵まれたお金を一銭たりとも彼が使うことはない。

全額、苦しむ児童養護施設に渡す

自分よりも孤児たちの幸せにお金を使った!100歳のホームレスに感動

ドブリ・ドブレフおじいさんは、
これまでに物乞いをして集めたお金、およそ40,000ユーロ(約565万円)をすべて、
経営難に苦しむ児童養護施設に寄付しているとの事・・・

なかなか自分よりもほかの人のために!っは難しいけど・・・
自分だけで無く、人のためになる事!
一人ひとりが、些細な小さな事でも
人のために、何かできるといいですね^^

ドブリ・ドブレフおじいさんの英語字幕動画

コメントを残す




9 − two =